アントシアニン

アントシアニンはスマホ老眼予防や改善に効果的?その理由とは?

 

抗酸化力が非常に高く美容効果や目の毛工を保つ為に効果的な事が知られるアントシアニン
アントシアニンは第七の栄養素であるフィトケミカルであるポリフェノールの一種です

 

 

アントシアニンはブルーベリー、ビルベリー、紫キャベツ、カシス、ナス、プルーンなどに多く含まれており、紫色の色素を作り出す成分
アントシアニンは野菜や果物が紫外線から身を守るために作り出されている事が分かっており、人間が摂取する事で活性酸素から身を守る効果があります(抗酸化)

 

 

活性酸素とは酸化した酸素の事で人間の体内に常にある物質です
活性酸素は一定量を超えると体をさび付かせる働きがあり、生活習慣病、ガン、目の病気などの元になります
また、肌質にも悪い影響があり活性酸素が体内に増える事でシミ、たるみ、シワなどの元になります
エイジングケアと言う言葉は定着しましたが、いかに活性酸素を体内に作らせないかが大事になってきます

 

 

美容やその他病気の予防や改善に効果的なアントシアニンですが、スマホ老眼、白内障、緑内障などの目の病気の予防や改善にも必要な栄養素なんです


アントシアニンが目の疾患に効果的な3つの理由

強い抗酸化力

アントシアニンは抗酸化力が強いポリフェノールの代表ともいえる栄養素です
目のピント調節機能を持つ水晶体を紫外線ダメージから守る事で水晶体の酸化を防ぎ、白内障な度を予防する事が出来ます
また、水晶体と相関関係にある毛様体筋(ピント調節をする機能を持つ)の負担を減らす事が出来るのでスマホ老眼予防も期待できます
後は日本人の失明原因No1である緑内障予防にも効果が期待できます
緑内障になる原因の一つである酸化ストレスに対抗してくれるのがアントシアニンの様のな抗酸化力が高い栄養素なんです

毛様体筋の緊張をほぐす

スマホなどの電子機器に囲まれている現代人
スマホ老眼とは毛様体筋と呼ばれる眼の筋肉がスマホなどの電子機器を多用する事で疲弊する事で起きる眼の疾患です
アントシアニンには血流を改善し毛様体筋の緊張をほぐす作用があり毛様体筋の疲れをいやす働きが期待できます
毛様体筋の疲労を回復させる事で目のピント機能が向上し、目のかすみやピントのずれなどの症状が緩和できます

ロドプシン再合成の促進

外部の光を目でとらえてそれを脳に信号として送る事で私たちは景色や物を認識しています
その流れを正常に保ってくれているのがロドプシンと呼ばれるタンパク質です
ロドプチンは光の信号を脳に伝える働きを持っていて、光により分解され、また新たな光を浴びる事で再合成されると言うサイクルを持っています
しかし、長時間目を酷使してしまうとロドプシンの分解と再合成のサイクルが間に合わ無くなる事があります
そうなると疲れ目、かすみ目などの症状を引き起こし、眼精疲労に繋がってしまいます
アントシアニンにはロドプシンの再合成を促進する働きがあり、目の健康を保つ働きがあります

効率よく摂取する為にはアイケアサプリが断然おすすめ

アントシアニンが眼精疲労に効果的と言っても毎日ベリー類の食材を食べ続けると言うのは現実的に難しいと言う方も多いと思います
実際にブルーベリーはあってもビルベリーなどはあまり販売されていませんし、費用の負担も大きくなります

 

効率よくアントシアニンを摂取するのであればやはりアイケアサプリメントがお勧めです
アイケアサプリメントには日々アントシアニンを摂取できるだけでなく、目の健康を保つ栄養素(ビタミンB群、C、アスタキサンチン、ルテイン)等をバランスよく摂取する事が出来ます

 

費用としても30円~60円(一日あたり)ですのでそこまで大きな負担ではありません
PCを良く使用する方はこういったアイケアサプリを取っている方が多かったのですが、ほとんどの方がスマホを持つ時代ではこういったアイケアサプリが必須の時代になってきているのではないでしょうか^^