ビタミンC

スマホ老眼の予防や改善に効果的なビタミンCの働きとは?

 

抗酸力が強いビタミンCは美肌作用(メラニン色素を抑制しシミ、そばかすの予防改善やコラーゲン生成)や抗炎症作用、代謝促進などたくさんの働きを持っている栄養素です
コンビニなどでもビタミンCが豊富に入っている事を売りにする商品は本当に増えましたよね

 

 

そんなビタミンCは美容の為だけでなく目の老化を防ぐ作用も持っています
レンズの働きをする水晶体の透明性を保つ為(水晶体には多くのビタミンCが多く含まれています)やスマホ老眼の原因である毛様体筋の疲労を軽減する働きがビタミンCにはあります
(私たちの目のピントは水晶体、毛様体筋が調節しあう事で正しく見える様になっています)

 

 

スマホ老眼の直接的な原因は毛様体筋の疲弊によるものですが、水晶体の健康を保つ事で間接的に毛様体筋の負担を減らす事が出来ます
水晶体が濁って視力が低下したり、視界が悪くなる白内障なども目の酸化が原因でビタミンCを十分に摂取する事で予防に繋がります
ビタミンCを摂取する場合、果物や野菜から摂取する事も大事ですが他の抗酸化作用が高いルテイン、アスタキサンチン、アントシアニンなどが同時摂取できるサプリメントなどが効果やコスパ(一日当たり30円~50円程度)の面でもおすすめです


日本人は十分にビタミンCが摂取できていない…

 

ビタミンCに関する食品や健康食品が非常に多く販売されているのはその効果が知られている事もありますが、日本人の多くがビタミンC不足と言う理由もあります
ビタミンCは水溶性で加熱処理をすると失われる事が多くありますし、日常のストレス、喫煙や深酒などで多く失われます
特に喫煙者はビタミンCを非喫煙者よりも1.5倍ほど摂取する必要がありますし、ストレスを感じやすい人も同じ様に摂取量を多めにする必要があります

 

 

厚労省が毎年出す日本人の食事摂取基準によるとビタミンCの水晶摂取量は100㎎とされています
100㎎と言うとレモン1個~1個半(100g)程度の物でそこまで多くない様に感じるかもしれませんが、日常生活で失われる事を考えるともっと多く摂取する必要があります
中には2000㎎必要と言う識者さえいる位です

 

 

喫煙者であれば35㎎以上増、授乳婦は45㎎以上多くビタミンCを摂取する必要があると言われています
(喫煙者は喫煙量によってはもっとたくさん摂取しなくてはいけませんが…)

 

 

他にも長時間のデスクワークでの目の酷使、アルコール分解、糖質分解にビタミンCは使用されますので食の欧米化などによっても多くの日本人がビタミンC不足になっています

ビタミンCが多く含まれている食材

みかん、キウイフルーツ、バナナ、ゆず、グレープフルーツ、レモン、ホウレンソウ、ブロッコリー、小松菜、トマトなど

普段から野菜や果物から摂取する事を意識しながらサプリメントなども上手く活用してビタミンCを摂取していくことがスマホ老眼、老眼、白内障の予防につながります
目は一度悪くなると日常生活の質が下がってしまいますので早めの対処をしていきたいですね^^