コンタクトレンズ障害とは?現代人が知るべき眼の不調の原因と対策

コンタクトレンズ障害とは?

コンタクトレンズ障害

 

1991年に使い捨てタイプのコンタクトレンズが登場してからというもの、近年では装着する人口が大幅に増えました
国民の10人に1人が使っているほど私たちの生活と深い関わりがありますが、装用中に引き起こされる目の不快な症状のコンタクトレンズ障害で悩む方が増えています

  • 目の痛みや充血
  • 目のかゆみ
  • 涙が大量に出る
  • 視力が低下する
  • めやにが増える

コンタクトレンズ障害の症状は上記のように様々で、装用している全ての方が引き起こすリスクがあるので注意しなければなりません

コンタクトレンズ障害の原因は?

コンタクトレンズ障害の大きな原因は不適切な使用方法です
当たり前のように浸透しているグッズでも、本来の使い方を間違えているケースは少なくありません

  • 「1日使い捨てタイプ」や「定期交換タイプ」を長時間に渡って着用している
  • 起きている時も寝ている時も付けっ放しにしている
  • 汚れやキズのあるコンタクトレンズをそのまま着用している
  • 度が合わないレンズを使っている
  • 間違った保管方法で変形したレンズを使っている

このように間違った使用方法は目へとダメージが加わりやすく、傷付きやすい状態なので最終的に感染症や目の病気を起こしやすくなります

 

 

角膜上皮がさかむけ状態になる点状表層角膜炎、細菌やカビが入り込んで痛みや充血を引き起こす角膜潰瘍、角膜がむき出しになった角膜びらんといった病気が一般的です

 

 

後遺症として失明を生じる恐れのある病気も多く、コンタクトレンズ障害を甘く見ないようにしましょう


コンタクトレンズ障害の予防に必要なこと

 

コンタクトレンズ障害の予防に必要なことは簡単で、正しいレンズの着用方法を毎日心掛ければ良いのです

  1. 連続装用は避けて就寝前に外す
  2. レンズの使用期間を守る(1DAYや2WEEKなど)
  3. コンタクトレンズ量販店ではなく眼科専門医のいる医院で処方してもらう

この3点に注意していれば目へのダメージは避けられますし、不快な症状が引き起こされずに済みます

 

 

平成14年度社団法人日本眼科医会CL眼障害アンケート調査によると、眼障害を起こした人の多くが定期的な検査を受けていないことが分かりました

 

全く受けていない:28.6%
1年間に1回:7.8%
半年間に1回:14.5%
3ヵ月間に1回:28.7%
1ヶ月間に1回:5.8%
医師の指示通り:5.6%
その他:9.0%

出典:http://www.gankaikai.or.jp/info/20110720_questionnaire.pdf

 

 

既に目の病気を患っているケースも十分に考えられるので、コンタクトレンズを装着している方は自分の目の状態を確かめるためにも定期検査を受けてください