スマホの電磁波の影響

スマホの電磁波は体に悪影響を引き起こす?

 

電磁波と聞くとたいそうなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、非常に身近な存在で常に私たちの身の回り電磁波は存在します
電子機器、送電線、家電などから電磁波は常に流れています
電磁波とは電気と式の両方の性質を持っている波と言う定義で目には見えません

 

 

ちょっと、難しいかも(笑)ですが、電磁波には様々な種類があります
・X線、ガンマ線などの放射線
・紫外線や赤外線などの光
・音声周波などの電波
などが良く聞く電磁波ですね

 

 

電磁波の実際の影響もブルーライトなどと同じでまだ完全に解明されていない部分があります
ただ、放射線の体への悪影響は誰もが知っているところですし、実は携帯やスマホから生じる電磁波の健康リスクについては世界中で10,000件以上の論文が発表されており、危険性があると言う報告も多くされています

 

 

2011年にWHO(世界保健機関)は【携帯電話の電磁波ががんを引き起こす可能性がある】として、携帯電話やスマホを【発がん性を持つ危険有害物質】に指定しました
この研究データはアメリカなどの14か国の科学者が終結したチームが出した結論で非常に信ぴょう性が高いとされ、携帯やスマホへの依存がガンの増加を助長していると騒がれました

 

 

これが本当だとするとかなり恐ろしい事ですよね…
でも、私たちの生活に強く根付くスマホを辞める選択肢と言うのはちょっと現実的ではありませんよね
あくまで可能性があるレベルの話でそういった物をすべて受け入れ、電磁波をすべて避けるとなると山奥で隠居生活するしかありません
もし、スマホを持たなくなっても、周りの人間は持っていますし、PCもあります

 

 

ただ、こういった電磁波の影響を出来る限り抑えておくことは大事な事だと思います
特に多くの研究者の中では大人よりも子供が電磁波を受けやすく、悪影響が出る可能性があると唱える方もいます
小さなお子さんを持つ家庭の方は気になる話ですし、そもそもスマホなどの長時間の使用は学力の低下を引き起こす場合もあります

 

 

また、スマホ老眼も小さなころからかかってしまっている子供いますので、スマホの長時間の使用はどのみち子供に良い影響を与えません

 

 

大人の場合も長時間のスマホなどの電子機器の使用はスマホ老眼、眼精疲労、睡眠障害を引き起こし、中にはうつ病につながる方もいます
電磁波だけでなくスマホに依存しすぎる生活は生活の質を落とすと知っておくことは大事ですね


すぐに出来る!スマホ電磁波によるリスクを減らす3つの対策

スマホから発せられる電磁波の影響を少なくする為に出来る事はやっておきたい…
そんな方にお勧めしたい方法は3つあります

就寝時は枕元にスマホ置かない

目覚まし代わりにスマホを使用する方もいると思いますが、すぐに目覚まし時計を購入しましょう

イヤホンマイクを活用

最近多くなってきたイヤホンマイク、始めてみた時はなんだか変な人がいるな~(笑)と管理人は思いましたが、実は世界的にみるとイヤホンマイクは主流になりつつある便利アイテムなんです
日本人は恥ずかしがってあまり使用しないみたいですが、最近は使っている人が多くなりましたよね

スマホはカバンに入れる

出来るだけ密着させる機会を減らす事で電磁波のリスクを減らす事が出来ます
持ち歩くときもポケットではなくて鞄に入れるようにしましょう

 

たったこれだけですが、上記を実践するだけでも一日の中で頭や体に密着させる機会を減らす事が出来ます
誰でも出来る方法なのですぐにでも始めたいですね^^

 

 

電磁波に関する影響は研究中の段階ですが、そもそも放射線なども初めはそこまで体に悪い影響を与える事が知られていませんでした
今では放射線の悪影響は全世界の方が知る常識になりましたが、スマホの電磁波も悪影響があると常識になるのかもしれません

 

 

私は心配性ですし、実施に研究報告も見ているので上記の対策は実践しています