感染性結膜炎の原因と予防に必要なこと

感染性結膜炎とはどのような症状?原因は?

感染性結膜炎の原因と予防策

 

細菌やウイルスが目に感染し、結膜部分に炎症が生じる病気を感染性結膜炎と呼びます
白目の表面に位置している結膜に炎症が引き起こされ、大人よりも乳幼児や子供が感染しやすいのが特徴です

 

 

感染性結膜炎を発症するとどのような症状で悩まされるのか見ていきましょう

  • 白目が充血する
  • 粘り気のあるめやにが増える
  • 目がゴロゴロする
  • 涙が止まらない

これらの目の症状に加えて、喉の痛みや発熱を引き起こすこともあるので風邪やインフルエンザと酷似しています
感染性結膜炎と一口に言っても以下の3種類に大きく分けられ、どれも細菌やウイルスが原因なのは一緒です

  • 黄色ぶどう球菌や表皮ぶどう球菌による感染の細菌性結膜炎
  • アデノウィルスやエンテロウィルスによる感染のウイルス性結膜炎
  • ハウスダストやカビが原因となるアレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎に関しては1年を通して起こる通年性と、一定の時期だけに起こる季節性に分けられます

 

 

コンタクトレンズが引き金となってアレルギー反応を引き起こすこともあり、長時間に渡って装用していたり汚れやキズの酷いものを使っていたりという方は注意しなければなりません


感染性結膜炎の予防に必要なこと

 

感染性結膜炎に限った話ではありませんが、感染症は日々の予防が大事です

 

 

免疫力や抵抗力の弱い子供は特に発症しやすく、親御さんの指導方法が欠かせません
感染性結膜炎を防ぐために、毎日の生活の中でどのような予防が必要なのか見ていきましょう

  • 外出先から帰ってきたら手洗いうがいを徹底して細菌やウイルスを洗い流す
  • 目をゴシゴシと擦らないようにする
  • 目がかゆくて触りたい時は清潔なティッシュや清浄綿で拭き取る
  • ドアノブや手すりなど家族で共用する部分はエタノールで消毒する

上記のように、細菌やウイルスによる感染を防がなければならず、特に手洗いうがいは他の病気を予防するためにも必須です

 

 

既に感染性結膜炎を発症している場合は、細菌の種類に応じて抗菌眼軟膏や抗菌内服薬を服用していきます
炎症を鎮める非ステロイド性抗炎症点眼薬やステロイド点眼薬による治療も選択肢の一つで、専門医が個人の症状を診て処方するという流れです

 

 

時間の経過によってウイルスに対して抵抗力がつき、正しい治療を施していれば1週間~2週間程度で完治します
インフルエンザの流行る冬が最も発症しやすく、人から人へと感染するケースも多いので目の不快な症状が改善されない場合は早めに病院を受診してください